自動プログラミング

webperformerの導入動機

「Web Performer」はプログラミングレスでWebアプリケーションを100%自動生成するマルチブラウザ対応開発ツールです。

Javaの知識に関わらず、業務・設計ノウハウを活用して「基本設計情報」を定義するとWebアプリケーションを自動生成します。

また、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスに最適化されたWebアプリケーションも自動生成します。 コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間を短縮し、超高速開発を実現します。


Web Performerの特徴

Webアプリケーションを100%自動生成

  • プログラミングレスでWebアプリケーションを100%自動生成。
  • 属人的なバグの無い安定したアプリケーションを短期間で開発できる。
  • ロジックの見直し、仕様変更、実装環境の変更に対して柔軟に対応できる。

webperformerの開発と通常のjavaの開発の工程比較図

本番環境にランタイムプログラム不要

  • MVCモデルに基づくWebアプリケーションを自動生成。
  • 本番環境に独自モジュールを導入する必要がありません。

操作性が高いWebアプリケーション

  • AjaxやJavaScriptを活用し、操作性の高いWebアプリケーションを自動生成。クライアント/サーバシステムと遜色ない操作性を実現します。
  • jQuery MobileのGUI部品を活用した、スマートデバイスに最適化されたWebアプリケーション画面も自動生成します。

Web Performerに関するお問い合わせ

製品に関するお問い合わせは、電話またはお問い合わせフォームからお問い合わせください。