超高速開発ツール

課題解決
短納期イメージ

短納期

利用部門が必要とするシステムを適宜、素早く製造したい。

超高速開発ツールを利用して、お客様のご要望に合う高品質なシステムを短期間で開発します。

品質イメージ

品 質

リリース直後や仕様変更後に多くの不具合に悩まされる。

ソースコードをツールから自動生成することにより、属人的な要素を排除しバグの混入を防ぎます。
価格イメージ

価 格

社内システムの開発コストを抑えたい。

超高速開発ツールを使うことにより、製造工程にかかる開発コストを削減することができます。

「超高速開発」とは

超高速開発とは、社会の変化のスピードに合わせて、必要な情報システムを素早く開発し、柔軟に変更することのできる手段として考え出された、新しいシステム開発の手法です。

 

これまでの開発方法では、要件定義、システム設計、コーディング、テストといった開発工程を着実に進めていかなければならず、急なクライアントの要望などシステムの変更に対応する場合は、その都度、開発工程を要件定義やシステム設計工程に戻さなければなりませんでした。

このように、開発工程を前工程に戻す度に作業コストが上積みされていき、当初の計画よりも開発期間が延び、費用が膨らむという課題がありました。

 

超高速開発は、お客様のご要望を素早く柔軟に実現するためのプログラミング生成ツールを利用した新しい開発手法です。 

サンテックでは、超高速開発により、ビジネス環境のめまぐるしい変化に対応できる先進的なシステムをご提供したいと考えております。

サンテック超高速開発の特徴

短納期の実現

短納期イメージ

超高速開発ツールを使用する場合は、従来の方法では 属人的な作業であったプログラミングをツールにより自動生成するため、製造工程の期間を大幅に短縮することができます。

フレームワークを使用する場合は、検証済みの共通処理を再利用するため開発時に新たに実装する処理を大幅に減らすことができます。

その他の適切な技術を積極的に採用して短納期開発を実現します。

高品質を実現

品質イメージ

お客様が望まれるシステムの仕様を理解するために要件定義・設計工程を重視しお客様と最終納品物のイメージ共有を明確に行います。

製造工程においては検証済みの実績のある共通部品を再利用することや開発者のスキルに依存する作業を極力省くことにより、バグが混入する機会を減らします。

テスト工程においては障害管理を徹底し、高品質で不具合のない製品をご利用いただくことを可能とします。

低コストの実現

価格イメージ

超高速開発ツール、フレームワーク等の開発技術を使用することにより開発作業を効率化することができます。

その結果、製造工程及びテスト工程の開発工数を減らすことが可能になり、従来の方法に比べて低コストのシステム開発を実現することができます。

キヤノンITソリューションズ「Web Performer」とは

ウェブパフォーマー

「Web Performer」はプログラミングレスでWebアプリケーションを100%自動生成するマルチブラウザ対応の超高速開発ツールです。

Javaの知識に関わらず、業務・設計ノウハウを活用して「基本設計情報」を定義するとWebアプリケーションを自動生成します。

また、スマートフォンやタブレット端末などのスマートデバイスに最適化されたWebアプリケーションも自動生成します。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間を短縮し、超高速開発を実現します。

超高速開発ツールを使用して2分で画面を作成

導入の流れ

受託システム開発導入の流れ